マオリ語週間

9月14日から20日まで、ニュージーランドではマオリ語週間でした。マオリ語はニュージーランドの先住民族であるマオリの人たちが話す言葉です。このマオリ語の母音はa, e, i, o, u、そう日本語のあいうえおを並べ替えただけ。そして読み方もローマ字をそのまま読むので日本人には馴染みやすい言葉なのです。今回はマオリ語週間とニュージーランドの公用語についての話です。

 マオリ語週間とは、公用語であるマオリ語の使用を促進するため、そしてマオリ語を後世に残すために設けられたもので、1975年から毎年開催されています。70年代後半には、マオリ語がネイティブスピーカーと呼ばれるくらいに話せるマオリは20%にも満たない状態になっていました。マオリ語週間中は学校や図書館、政府組織はもちろんですが、一般企業なども含め全国各地で様々なイベントが催されます。学校では普段からマオリ語の授業がありますが、このマオリ語週間ではマオリの文化に触れられる授業が行われたりします。また、スーパーマーケットのチラシにもマオリ語の使用を促進するような広告が出たりします。年ごとに違うテーマが設定されており、2020年はテーマは「Kia Kaha te Reo Maori(キアカハテレオマオリ)」です。意味は「マオリ語を確固たるものに」という感じでしょうか。マオリ語をしっかりと後世に残したいとの意思が感じられますね。移民の国であるニュージーランドが、先住民の言語や文化を残そうとするのは、先住民に対する敬意の表れでしょうか。皆さんも是非マオリ語を1つ覚えてみませんか。Kia Ora(キアオラ)。こんにちは、ありがとうなどの意味で、とっても便利なマオリ語です。いつでもどこでも使えます。

 ニュージーランドには実は公用語が3つあります。英語、マオリ語、そして3つ目の公用語が手話です。ニュージーランドの公用語は英語のみでしたが、1987年にマオリ文化を後世に残すためマオリ語が公用語に登録され、2006年にニュージーランド手話法の下に手話が公用語として採用されました。ちなみに手話を公用語として採用したのは、ニュージーランドが世界で初めてです。実は手話は世界共通ではありません。世界には200以上の手話が存在します。ニュージーランドの手話はイギリスの手話をベースとして、マオリの踊りの動作を取り入れるなどして、独自の発展をしてきました。現在ニュージーランド手話を使う人は約20000人程度とされており、全人口の0.4%程度と少数ですが、手話を公用語とするのはバリアフリー先進国のニュージーランドらしい気がします。ちなみに手話もマオリ語週間と同様に、ろう文化や手話を広める為の手話週間が毎年開催され、今年はマオリ語週間の翌週(9月21日から27日)に開催されました。




Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us

合同会社PREMIUM EDUCATION (プレミアム・エデュケーション)
〒133-0056 東京都江戸川区南小岩 3-17-4-1002

© 2016 Premium Education, Tokyo, Japan