合同会社PREMIUM EDUCATION (プレミアム・エデュケーション)
〒133-0056 東京都江戸川区南小岩 3-17-4-1002

© 2016 Premium Education, Tokyo, Japan

Premium NZ Rugby Programme

プレミアム・ラグビー留学プログラム

選手を目指す、トレーナーになりたい、スポーツ通訳に興味がある等に最適な「ラグビー+英語」プログラム

夢を「夢」で終わらせない! 

 

プレミアムエデュケーションの「プレミアムNZラグビー留学」プログラムは、プロ選手を目指すアスリートの方のみならず、ラグビー王国のニュージーランドでラグビーを経験してみたいという一般の方や、コーチになりたいと思う方に最適なプログラムです。ラグビーに真剣に取り組んでいる方に、夢のキャリア実現のお手伝いをします。

Sports & Rugby Institute
Massey University campus, palmerston North

スポーツ&ラグビーインスティテュート「プレミアムNZラグビー留学プログラム」

プレミアムエデュケーションでは、パーマストンノース市中心から車で7分に位置する国立マッセー大学敷地内にある、緑に囲まれたラグビーのプロのためのトレーニング施設「スポーツ&ラグビーインスティテュート」を利用した本格的なラグビープログラムをご案内しています。ナイター設備や宿泊施設も完備し、充実したトレーニングと、快適なステイを満喫することができます。このプログラムは最低10名からのグループ対象のプログラムとなります。個人のラグビー留学についてはご相談下さい。

インスティテュートのあるパーマストンノースまではオークランドから飛行機で1時間、首都ウェリントンからは車で2時間。ウェリントンではオールブラックスやハリケーンズの試合も行われます。

ラグビー留学のメリット

すべてが世界トップレベル水準です

●世界トップレベルのトレーニング内容と施設

●世界最高水準の施設、オールブラックスも利用する「ラグビーインスティチュート」で行うトレーニング

●初心者からプロレベルまでの幅広い層で参加可能
●マナワツ・ターボズ(ITM Cupリーグに参戦しているプロチーム)の試合・練習見学
●ウェリントンでのハリケーンズの試合を観戦(チャンスがあればオールブラックスの試合も)

プログラム

参加者のレベルや日程に合うプログラムをゼロから用意

 

参加者の希望、レベル、日程、予算に応じたメニュー作りが行われる完全「カスタマイズ」制プログラムです。プログラムの内容は、プログラムの拠点である「スポーツ&ラグビーインスティチュート」のスタッフとプロチーム「マナワツ・ターボズ」を擁する「マナワツ・ラグビーユニオン」のスタッフが、参加者各自の目的に合わせて、メニューを組みます。まずはプレミアム・エデュケーションにご相談ください。

英語を同時にマスター

国際舞台で活躍できる、英語を駆使するアスリートを養成

 

留学中に英語を身につけるので、国際舞台での活躍が可能に!将来海外で活躍したいと考えている選手やトレーナー希望の方、トップリーグでの外国人選手の通訳やチーム遠征時の通訳など、これからのラグビー界では国際人材が必要とされています。あなたも国際舞台に飛び出してみませんか。

参加対象

経験、年齢、性別問わず参加可能

 

ラグビー経験者や、ラグビーに興味のある方ならどなたでも参加することができます。経験や年齢・性別に関係なく、ラグビー選手になりたい、NZ流ラグビートレーニングを経験したい、そして英語力を養いたいと考えている方を対象にしています。

 

「今、注目の女子ラグビーも」
プレミアムNZラグビー留学の拠点、スポーツラグビーインスティテュートは、女性ラグビーチームManawatu Women's Sevensの本拠地でもあり、それ以外にも地元パーマストンノースには日本人女性が活躍できる女子チームもあります。

​オールブラックスを目指して

「ニュージーランド・ラグビーユニオン」

 

ニュージーランドでは、プロを目指すのであればラグビーユニオンに所属することから始まります。ラグビーユニオンはニュージーランドのラグビー全体を統括している団体で、児童ラグビーからプロチームまで、すべてのレベルと年齢層をシステム化しています。ユニオンの頂上にあるのが「オールブラックス」であり、この名誉あるチームのメンバーとして選抜されるためには、国内リーグの「ITMカップ」、そして国際リーグの「スーパーラグビー」で活躍するのが前提です。

ナショナルチーム(国選抜)

「オールブラックス」

(他に、2軍に当たるの「ジュニア・オールブラックス」、マオリ選抜の「マオリ・オールブラックス」

20歳以下の「アンダー20」、女性チーム「ブラックファーンズ」、7人制ラグビーの「セブンス」など)

国際プロリーグ

「スーパーラグビー」

クライストチャーチのCrusaders、オークランドののBlues,ウェリントンのHurricanes、

ハミルトンのChiefs、ダニーデンのHighlandersの計5チームが

国際プロフェッショナルラグビーリーグの「スーパーラグビー」に参戦しています。

(2016年度より日本チームとして「サンウルブス」が参戦)

国内プロリーグ

「ITMカップ」

国内主要14地域の14チームがあります。

またそのマイナーリーグに当たる「ハートランド・チャンピオンシップ」というリーグもあり、

12チームが競っています。

(日本の「トップリーグ」に当たるもので、日本では企業色が強いですが、

ニュージーランドは地方自治体色が強く出ています。)

プレミアム・ラグビープログラムが拠点としているパーマストンノースは「ITMカップ」国内リーグのプロチーム「マナワツ・ターボズ」の本拠地で、ターボズはマナワツ・ラグビーユニオンによって運営されています。ここで大活躍すれば国際リーグの「ウェリントン・ハリケーンズ」に選抜される可能性が高くなり、そして「ハリケーンズ」で大きな成功を収めれば、晴れて「オールブラックス」のメンバーとして召集されることになります。日本人であっても、パーマストンノースから「夢」に向かって羽ばたける可能性は十分にあるのです。