top of page

人口の話

 国が消滅する?24年3月末でのニュージーランド合計特殊出生率は1.67人。23年度の年間出生者数は56,955人で、年間死者数37,884人を大きく上回っています。このままいけば人口は増えて行くはずなのですが、実は移民問題が大きな影を落としています。

 23年4月から24年3月末までの1年間に国外へと移住したニュージーランド人(市民権を持つ者)が78,200人となり、11年3月から12年2月までに記録した72,400人を上回り過去最高となりました。逆に23年4月から24年3月末までの1年間にニュージーランドに戻ってきた国民は25,700人でした。これによって、52,500人がニュージーランドを去ったことになります。毎週1,000人近くの人がニュージーランドを去って行くのは、国にとって大きな損失です。

 ニュージーランドを去って行く要因は様々ですが、世界の他地域との相対的な経済及び労働市場に状況、移民政策などが主な要因と考えられています。国外への移住をした国民の多くが、オーストラリアへ渡っています。距離的にも近いし環境も似ているので、移住しやすいのでしょうね。 ニュージーランド人は減っていますが、他国からの移住者は増えています。

 23年4月から24年3月末までで、インド、フィリピン、中国、フィジーを中心に163,600人が移住しました。これによってニュージーランド人含めた純増加数は111,100人となりました。国が消滅ではなく、ますます他民族国家が進んでいくようです。




Komentáře


Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
bottom of page