June 30, 2019

"When in Rome, do as Romans do", but...

郷に入っては郷に従え、外国に留学やホームステイにきたら、現地の文化や生活習慣に溶け込んで、吸収できることを思いっきり吸収して帰りたい、そう思いますよね。まさにその通りです。たくさんコミュニケーションをとって、仲良くなって、かけがえのない絆を創って欲しいと思います。と同時に、ホストファミリーやお友達から日本について色々と聞かれることもあるでしょう。そんな時、気軽に日本文化を体験できる場があればいいな、と思いませんか。

ニュージーランドで日本文化に直接触れられる...

April 29, 2019

新学期が終わり2学期が始まるまでの4月のスクールホリデー。キウイにとってはクリスマス休暇と同じくらいに重要なホリデーです。ニュージーランドの国民祝日は、日本よりかなり少ないですが、その中でも「特級」クラスの祝日は「クリスマス」とこのホリデー中にある「イースターフライデー」の2日のみ。この特別な日に開けている店があるとしたら、ほぼ間違いなく移民が経営しているお店でしょう。そして、NZ全土で人々が静かに鎮魂の祈りを捧げる日「ANZAC Day(アンザックデー・祝日)」も、この4月のスクールホリデー期間中にあります。オーストラリアとNZで...

January 27, 2019

ご存知の通り、南半球にあるニュージーランドは日本とは季節が逆。クリスマスからお正月にかけてのホリデー期間は夏にあたり、家族や友人と共に楽しい休日を過ごそうとたくさんの国民が帰省したり、旅行に出かけたりします。同時に、世界各地から訪れる観光客も、気候・天候共に良くなってくる初夏(11月)から増え始め、翌年3月頃まで観光シーズンは続きます。年間ビジター数は毎年のように増えており、安全で大自然豊かなニュージーランド人気の堅調さが伺えます。大変うれしいことですが、受け入れ体制の整備の遅れや、旅行者のマナー違反なども指摘されており、打開策の一...

September 13, 2018

”Pay it forward”という言葉、聞いたことがありますか?

同名タイトルの映画が2000年にアメリカで公開(日本では『ペイ・フォワード 可能の王国』というタイトルで2001年に公開)されたこともあり、聞いたことがある方も多いと思います。当時12歳だったハーレイ・ジョエル・オスメントが主役トレバー役(中学1年生、11歳という設定)を務め、話題になりました。

”Pay it forward”とは自分が他の人から受けた親切や恩をまた別の人に渡し、そして、渡された人がまた別の人に、別の形で渡して、という風にどんどん他の人に送っていく、...

August 24, 2018

ニュージーランドに来て実感する方も多いと思いますが、「ニュージーランド英語は早い!」です。多少なり英語に自信があって留学してくる人でも、ニュージーランドに来てみたら会話のスピードについていけず、訛りもあってサッパリ聞き取れなくて困惑する、なんていう話もよく聞きます。確かに日本の教育はアメリカ英語に偏っているので、それに慣れた私たちに、いきなりニュージーランド訛りの英語は聞き取り難いです。それに加えてこのスピード。実際にどれくらい早いのか、研究したレポートがありましたのでご紹介します。

https://ir.canterbury.ac....

July 22, 2018

自然が好きな方なら「一生に一度はオーロラを見てみたい」と思われたことがあるのではないでしょうか?そういう筆者もかれこれ20年以上も前に、高校の短期留学で初めてニュージーランド最南端のインバーカーギルを訪れた際、ホストファミリーに「ここではオーロラが見えることもあるんだよ」と言われたことがありました。当時は英語がよくわからなかったので、聞き間違えかと思っていましたが、その5年後に再び仕事で訪れたインバーカーギルで「今夜はオーロラが見えるかもしれないよ」と言われときは驚きつつもすっかりその気になって観測するつもりでした。しかし寒さと眠気...

April 22, 2018

WWOOF(ウーフ)という言葉、どこかで聞いたことはありますか?これは「World Wide Opportunities on Organic Farms」の略で、1971年にロンドンから始まり現在は世界中に点在する活動のことです。そのシステムはなんともシンプルで、オーガニック(有機農業)の農作業をお手伝いする代わりに、食事と宿代を提供してもらえるというもの。働き手が必要な農家にとっても、英語を勉強しながら生活費(旅費)が節約できる旅人、さらには将来自給自足を考えている人にとっても、まさに「win - win」な関係の仕組みです。労...

March 28, 2018

例えば日本なら「札幌」、アメリカなら「シアトル」。普段あまり気にすることもない都市名ですが、改めて日本語っぽくない、英語っぽくない、ふと何だろうこの不思議な語感は?と思ったことはありませんか?
 

ご存知の通り、これらは先住民族の言語や名前が使われた都市名です。例えばニュージーランドならロトルア、タウポ、タウランガ、ファンガレイ、ワンガヌイ、ポリルア...英語圏の国なのに全然英語っぽくない都市名は、もちろんマオリ語の由来。国内旅行をするだけで、否応無しに目に入り、耳にする「マオリ語」は、「英語」と「ニュージーランド手語」とともにNZの...

February 28, 2018

平昌オリンピックが終了しました。

日本人にとっては日本人選手の快進撃が目立った大会になりましたが、ニュージーランドではどうだったのでしょうか? ニュージーランドは銅メダル2つという結果でした。これが多いのか、少ないのかを判断するのは、過去の結果を知らなければ難しいところですが、なんとNZの今までの獲得メダル総数は1992年のアルベールヒル大会での銀メダルの1つだけ。ということは今回は快挙だったのです。

冬季オリンピック関連のニュース記事では、大会前からしばしば「ニュージーランド」という言葉を見かけました。すぐにピンと来る方や、すでにご存...

December 30, 2017

西洋の国のひとつといえども、NZやオーストラリアなどの南半球の国のクリスマスは、北半球のそれとは雰囲気がかなり異なるのはご存知の通り。しかしながらホリデーを「家族と過ごす」というのは南北隔たりなく共通した文化です。クリスマスから新年にかけてのサマーホリデー。実は暦上ではそれほど長いものではありません。正式な祝日は、クリスマスの12月25日と翌日26日のボクシング・デー、それに新年1月1日と2日の合計4日間のみ。なので社会人は基本的にはこの期間+前後数日間に有給休暇を取り、全部で2週間程度の夏休みにするのが一般的です。お店が午後5時に...

Please reload

Recent Posts

March 30, 2020

Please reload

Archive