小学校のシステムと経営

クリスマスを含む長い長いスクールホリデーも終わり、各学校で新学期が始まりつつあります。始まりつつあると言ったのは、始業式と終業式が各学校によって日付が違うためです。ニュージーランドの学校は4学期制で、1月末(2月初め)から始まるタームがターム1となり、学年があがります。 ニュージーランドの小学校は、公立、半公立、私立の3つがあります。ちょっと分かりにくいのが半公立学校。半公立はカトリックやモンテッソーリ、シュタイナーなど独自の教育理念を持っている学校です。公立と違って学費を支払う必要がありますが、国の補助を受けているので、私立ほど学費が高くありません。 ニュージーランドの小学校はディサイルというシステムで10段階にランキングされています。このディサイルという評価システムは、一言で言うと地域住民の所得のランク付けです。ディサイル1の地域は所得が低く、10の地域は所得が高いとなります。このディサイルは教育省のホームページにも掲載されており、学校(学区)を選ぶ際の基準のひとつになっています。あくまでも地域の所得差の基準であり、ディサイル1だから荒れているとか、10だから教育の質がよいという事ではありません。ただ、このディサイルによって国からの補助金の額が変わってきます。ディサイルが上がる程国からの補助金が少なくなるため、学校は保護者から寄付金を集めたりして、必要な経費を集めます。ここで力を発揮してくるのが校長先生です。ニュージーランドの校長先生は先生というよりは経営者です。いかにお金を集めて、子どもたちの教育環境を良くしていくかというのが仕事になります。日本の校長先生とはちょっと違い

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square

合同会社PREMIUM EDUCATION (プレミアム・エデュケーション)
〒133-0056 東京都江戸川区南小岩 3-17-4-1002

© 2016 Premium Education, Tokyo, Japan