NZeTA(電子渡航認証)

10月1日から電子渡航証が必要に! 既にアメリカやオーストラリアで導入されている電子渡航証システムが、10月1日よりニュージーランドでも導入されることになりました。正式名称はNew Zealand Electric Travel Authority、通称NZeTAと呼ばれるこのシステムは、ニュージーランドへの観光ビザ免除プログラム対象国のパスポートを持つ者すべてが対象となります(但し、永住権や労働ビザ、学生ビザなど他のビザを保持している者を除く)。よって日本パスポートを持っていて、ニュージーランドのビザを保持していない方は、全て対象となります。NZeTAあくまでも渡航証でビザではない為、入国を保証するものではなく、到着時に入国条件を満たしている必要があります。このシステムの導入により、渡航者情報の事前把握が可能となり、スムーズな入国や入国管理のセキュリティー強化が可能となります。 NZeTAの申請に際しては、申請料に加えてInternational Visitor Conservations and Tourism Levyと言われる観光税も支払う必要があります。観光税はニュージーランドの観光資源である自然の保護、観光客のためのインフラの整備などの使われます。 申請にあたっては以下が必要となります。 ・有効なパスポート ・メールアドレス ・クレジットカード 申請はオンラインもしくは携帯アプリから行います。オンラインの場合はhttps://nzeta.immigration.govt.nz/より、アプリの場合はituneもしくはgoogle playからダウンロードして申請ができ

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square

合同会社PREMIUM EDUCATION (プレミアム・エデュケーション)
〒133-0056 東京都江戸川区南小岩 3-17-4-1002

© 2016 Premium Education, Tokyo, Japan