先生のストライキ

今年の5月29日は、子供が大喜びの学校が休みの日。でも休日ではありません。そう、先生がストをする日です。ニュージーランド史上でおそらく最も規模が大きいとされる今回のストは、「メガ・ストライキ」と呼ばれていて、NZEIとPPTAという2つの主要な教員ユニオンに所属する5万人もの教員が同時にストを行う予定のため、80万人もの生徒、そしてその親に影響が出ると予測されています。 ニュース動画では、先生による「賃上げ要望」のデモ行進の模様が映し出されています。中にはデモ行進に先生と一緒に加わっている生徒もいるようです。「私の先生の給料をもっと上げて!」などと書かれているプラカードを持っている子供や、先生の表情には深刻な様子はあまりなく、何か微笑ましい感じもします。 突然のストライキは、親にとっては当然寝耳に水。NZでは14歳以下の子供だけで家にいることは法律で禁じられているため、大人の保護者が一緒でないといけません。ある程度余裕を持って、学校側からスト決行日が通知されるとはいえ、その日をどうやり過ごすかを計画・アレンジするのは、働くお母さん、お父さんの頭痛の種です。アフタースクール・プログラムなどの学童保育的なものは、あくまでも放課後に行われるためのものなので、平日の朝から子供の面倒をみるサービスはほぼ皆無といってよいでしょう。仕事を休めない親は、子供を自分の親や親戚、手が空いている友人に預けるしか方法がないのが辛いところですね。 日本での先生のストライキは、最近耳にしない気がします。60年〜70年代には日教組組員によるストが何度か行われていたことを覚えておられる方もいるかもしれません(

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square

合同会社PREMIUM EDUCATION (プレミアム・エデュケーション)
〒133-0056 東京都江戸川区南小岩 3-17-4-1002

© 2016 Premium Education, Tokyo, Japan