ニュージーランドの『羊』の数は?

突然ですが、「ニュージーランドを紹介する本やパンフレット、ポスターなどに写っている動物は?」 と聞かれたら、何を思い浮かべますか? 私はずばり「羊」です。抜けるような青空の下、青々とした草をのんびりと食む羊の群れ。 今年1月に統計局から発表されたデータによると、2018年6月の時点でニュージーランドで飼育されている羊の数は2730万頭。前年比1%の減少で、人口一人当たりの羊の数は5.6頭になってしまったそうです。下の表からも分かるように、羊の数は年々明らかに減ってきています。 この、どこにでもありそうな光景、ニュージーランドに行ったら、ちょっと郊外に行くだけで、いつでも、どこでも、飽くまで見られるんだろうなぁ、というこの景色をついつい思い浮かべてしまうのです。というのも、私の人生初海外留学先はニュージーランド。羊の数のピークこそ過ぎていたものの、まだまだ「どこにでも羊」な「羊の国」だった時期。そして、ホームステイ先は当時のメイン産業が「牧羊」という地域。加えて、ホストママは羊肉加工会社勤務、ホストパパは羊の毛を刈るシェアラーという家庭だったのです。約40分かかる通学バスから見える光景は、夏場は茶色い丘に茶色い羊、冬が始まるころには毛が刈られたばかりの白い羊、春が近づくにつれ、牧場には再び草が生え始め、柔らかな薄緑の丘でかわいい子羊たちがお母さん羊の周りをピョンピョンはねて遊んでいる、といった具合。ホストシスターにはペット羊が3頭いて、私自身も知人のファーマーから親羊役も拝命し「シロ」と名付けた子羊に数時間おきに哺乳瓶でミルクを与えた時期がありました。家の目の前も牧場(ホストファ

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square

合同会社PREMIUM EDUCATION (プレミアム・エデュケーション)
〒133-0056 東京都江戸川区南小岩 3-17-4-1002

© 2016 Premium Education, Tokyo, Japan