NZ出国カード廃止

テクノロジーの進化とともに、海外渡航に関するアレコレも色々と変わってきていますね。荷物が機内持ち込みの手荷物だけなら、自宅でオンラインチェックインを済ませ、スマートフォン等で表示できる「モバイル搭乗券」さえ確実に準備すれば、空港到着と同時に保安検査場へ直行することもできるようになりました。(利用航空会社、利用空港にもよりますが)赤いカーボン複写式のペラペラチケットを大事に持って、チェックインカウンター前で何十分も並んでいた日々のことを考えると雲泥の差ですね。 また、日本では日本人渡航者の出入国カード(EDカード)が2001年に廃止されています。2001年といえば、17年前。生まれてから、自分自身で日本のEDカードを書いたことがない、見たことすらない、という留学生の方も多数いることでしょう。 かたやニュージーランド(以下NZ)では、入国カード、出国カードの両方が必要だったので、初めて書く場合は戸惑ったりしたこともあるのではないでしょうか。入国カードには、氏名やパスポート番号、便名などの基本的な情報の他に、NZ国内滞在中の連絡先や滞在日数を書く欄がありますね。そして、食品や動植物製品の持ち込みの有無等を確認する、検疫のための質問事項も含まれています。入国カードは、れっきとした法的書類であり、税関、移民、国境警備、生物防疫、警察、統計等の政府機関や法令に関わる重要な書類で、虚偽なく正確に記入することが求められています。 次に、出国カードですが、こちらにも氏名等の基本的な情報の他に、滞在していた日数や滞在中の連絡先等を書き込んでいました。導入されてから100年近く、旅行者の情報や動向を

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square

合同会社PREMIUM EDUCATION (プレミアム・エデュケーション)
〒133-0056 東京都江戸川区南小岩 3-17-4-1002

© 2016 Premium Education, Tokyo, Japan