せっかくだからマオリ語に親しもう

例えば日本なら「札幌」、アメリカなら「シアトル」。普段あまり気にすることもない都市名ですが、改めて日本語っぽくない、英語っぽくない、ふと何だろうこの不思議な語感は?と思ったことはありませんか? ご存知の通り、これらは先住民族の言語や名前が使われた都市名です。例えばニュージーランドならロトルア、タウポ、タウランガ、ファンガレイ、ワンガヌイ、ポリルア...英語圏の国なのに全然英語っぽくない都市名は、もちろんマオリ語の由来。国内旅行をするだけで、否応無しに目に入り、耳にする「マオリ語」は、「英語」と「ニュージーランド手語」とともにNZの正式言語です。長期滞在するのなら、基本中の基本くらいは押さえておいてもいいかもしれません。母音と子音の組み合わせの発音システムは日本語と同じで、実は英語ネイティブよりも優位なアドバンテージがあります。 【挨拶】 - haere mai = welcome(ハエレマイ。空港などで必ず目にする言葉) - kia ora = hello(カジュアルな挨拶。キオーラやキョーラに聞こえる) - tena kotou = hello(テナコトウ。フォーマルな挨拶) - ka kite = see you(カキテ) Kia oraはテレビのアナウンサーも使う、マオリ語というよりもNZ語の主要フレーズとして普段使用されるので必須。出会った相手がマオリの方だと高い確率でマオリ語で挨拶をされます。 【ニュージーランド】 - Aotearoa = New Zealand(アオ=土地、テア=白い、ロア=長い。白く長い雲のたなびく地) - Kiwi = New Zea

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square

合同会社PREMIUM EDUCATION (プレミアム・エデュケーション)
〒133-0056 東京都江戸川区南小岩 3-17-4-1002

© 2016 Premium Education, Tokyo, Japan