アメリカズ・カップとチームNZ

パーマストンノース市が、海外に向けての「パーマストンノースからこんにちは」ビデオを制作しました。タイトルはズバリ「Kia ora from New Zealand」。Kia ora、マオリ語でこんにちはとの意ですね。「キアオラ」と書きますが、ネイティブ発音を聞いていると「キオーラ」とか「キヨーラ」って感じですね。動画はこちらより https://vimeo.com/224154460 さて、今回もNZらしいスポーツの話となります。 ラグビー王国として知られるニュージーランドは、ラグビーだけでなくオリンピックでも人口比率によるメダル獲得数が世界トップのスポーツ立国でもあります。ただし、スポーツ大国のアメリカを凌駕するものは決して多くはありません(ニュージーランドが強いスポーツはアメリカではあまり力を入れていないケースが多いのです。ただし、女子ゴルフでここ数年世界トップの座に君臨するNZ人プレイヤー、リディア・コー選手は例外と言えるでしょう)。しかし、大国アメリカがニュージーランドを手強いライバルと見なしているものがひとつだけあります。それが世界最高峰のセーリング(ヨット)レースとして知られる「アメリカズ・カップ」です。 1851年、イギリスでヴィクトリア女王観覧の天覧ヨットレースで、1杯のアメリカ艇が15艇のイギリス艇を打ち負かせてしまうという、それも2位に8分もの大差をつけられての敗北を、ゴールラインで待機していた女王の眼前で喫した上、女王杯(カップ)もアメリカに持ち去られてしまったという国辱的な出来事がありました。そのカップこそが、現在「アメリカズ・カップ」と呼ばれているもの

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square

合同会社PREMIUM EDUCATION (プレミアム・エデュケーション)
〒133-0056 東京都江戸川区南小岩 3-17-4-1002

© 2016 Premium Education, Tokyo, Japan