ニュージーランドの教育力(OECDレポートで分かったこと:その1)

NZの中等教育の国際的評価は? ニュージーランドでは6〜16歳(5歳から小学教育は受けられます)が義務教育期間。6〜15歳が義務教育である日本とはシステムは若干異なるものの、初等教育、中等教育、高等教育と段階においてよく似ています。教育の充実度についてはOECDの調査結果で比較することもでき(注1)、15歳児童の学習到達度を比較すると(以下の図表をご参照ください)、NZと日本の数値はOECD平均よりも高く、国際的にも高水準なレベルで拮抗しています。 留学するにあたり、渡航当初は語学力不足で授業についていくことが難しいことはありますが、授業内容が難しすぎたり、簡単すぎたりというギャップが少ないため、語学力取得とともに問題や違和感なく学習に取り組むことが可能です。 特筆すべきはNZの私立学校の教育力の高さであり、世界トップレベルの水準を維持しています。プレミアム・エデュケージョンの提携校であるナ・タワ・スクールとハントリー・スクールも国内トップレベルの教育力を誇っています。 (注1)PISA(Programme for International Student Assessmentー読解、数学、科学の3分野での学習到達度を評価する国際教育水準判定プログラム)。2013年の結果でNZの数値が若干低下しましたが、これを機に政府による教育内容のさらなる改善と見直しが図られています。 高校受験がないNZ。普通の留学生も一流校に問題なく入学! ご周知のとおり、15歳で義務教育が終わる日本では高校に行く必要がありません。その結果として日本では高校には「受験」して入学することになりますが、1

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square

合同会社PREMIUM EDUCATION (プレミアム・エデュケーション)
〒133-0056 東京都江戸川区南小岩 3-17-4-1002

© 2016 Premium Education, Tokyo, Japan